木守柿 こもりがき木守柿 こもりがき


訪問看護実績



Facebook 合同会社 木守柿

木守柿 こもりがき
「木守柿」とは、柿の実を収穫せずに数個残しておき、自然の恵みへの感謝と翌年の豊作を願うというもので、秋の季語でもあります。

 ここ耳納連山の麓に位置する久留米市やうきは市は自然豊かであり、様々な果物が栽培されてきました。

 中でも富有柿は古くから特産品として栽培され愛されています。

 私たちはこの自然を愛し人々とその暮らしを見守りたいと思い、また、自然や人々の心が豊かになるように願いを込めて『木守柿』と名付けました。